cr.jpg
半日陰が好きなクリスマスローズ


日陰では、確かに育てられる草花の種類が少なくなりますが、
日陰に適した草花を選んで育てれば、充分華やかな庭を作ることができます。

北向きの場所や、近隣住宅などの影になってしまう場所でも、
日陰でしか楽しめない草花を育ててみるなど、
日陰ならではの、ガーデニング、シェイドガーデンの楽しみ方があります。



■日陰でのガーデニングをはじめる前に

先日陰の場所で育てられる草花は限られてきます。
そのため、まずは、日光が不足する場所でも丈夫に育つ草花を探すことです。

例えば、クリスマスローズ、コリウス、シラン、シャガ、
ハイドランジア、ユリなどがあります。


日陰の中にも、明るい日陰に適した植物、暗い日陰でも大丈夫なものなど、
いろいろありますので、日陰の場所の日光の当たり具合も調べておきましょう。

他にも、インパチエンス、ギボウシなどの植物が育てられ、
こういった草花を寄せ植えや花壇で楽しむこともできます。

意外にも、華やかに彩ることもできますので、挑戦してみてください。


■日陰でのガーデニングの注意点

日陰の場所は、少々湿気の溜まりやすい場所だと言えます。
花壇などに密植にすると、更に湿気がこもり病害虫のリスクを高めます 
ので、
風通しを良くすることや、こまめな観察、病害虫の防除は、
日当たりよりも、まめに気を使ってあげるようにしてください。


日陰で育つ草花が網羅され育て方もわかり、
日陰のガーデニングの良さを伝えてくれます。
洋和風、ナチュラルガーデンの作り方にも詳しいので、
いつも参考にしている本です、お勧めの1冊です。


【送料無料】日陰をいかす庭づくり
 カテゴリ
 タグ