花壇のカテゴリ記事一覧

ガーデニング 雑貨、用品、DIYの通信販売とお役立ち情報を。



◎花苗デイリー・ランキングを見てみる

カテゴリ:花壇

花壇のカテゴリ記事一覧。ガーデニング 雑貨、用品、DIYの通信販売とお役立ち情報を。
レンガ 花壇の作り方

2016-05-30 花壇
花壇を作ると植物の栽培がしやすく、さらに引き立ちますホームセンターや、園芸専門店などに行くと、花壇用レンガがたくさん並んでいます。レンガは色や、質感、大きさな…

記事を読む

花壇作りのコツ

2016-05-27 花壇
花壇を作る際に1番重要だとされるのは、土作りです。一般的に、水はけが良く、通気性の良い土が良いと言われていますが、ある程度の保水性、保肥性があることも、重要な…

記事を読む

レンガ 花壇の作り方

  •  投稿日:2016-05-30
  •  カテゴリ:花壇
kadan (2).jpg
花壇を作ると植物の栽培がしやすく、さらに引き立ちます


ホームセンターや、園芸専門店などに行くと、
花壇用レンガがたくさん並んでいます。

レンガは色や、質感、大きさなどがバリエーション豊かですので、
お庭の雰囲気や育てたい植物により雰囲気も変えることができます。

庭造りをするために、たいへん役立つアイテムだと言えます。


■レンガ 花壇の作り方

・準備するもの
レンガ、ドライモルタル、スポンジ、ドライモルタルを練る容器、
ブロックハンマー、レンガゴテ、杭、水平器、水糸

・水平にレンガを積むには?
まずは、地面を平坦にしてからの作業をするようにしてください。
その地面より、5センチほどレンガの幅より多く出たところより、
ドライモルタルを敷いていきます。

レンガの上の部分が平坦となるように、両側に杭を使ってその杭に、
水糸を張っていきます。こうすることで、1段、1段をしっかりと、
水平にレンガを積むことができます。

・レンガの種類について
レンガの種類は実に豊富です。
色も赤茶色といったポピュラーなものから、やさしい風合いのある、
ベージュ・クリームといった色までありますので、自分のお庭にあったものを、
選ぶようにしてください。
また、中には鉄筋が通るように設計されたレンガなどもあります。

・レンガを割るコツ
花壇を作る上で購入したレンガの調節をする場合は、
ブロックハンマーを使って、細かく切りたい箇所を叩いてください。
細かく叩くことで、表面も綺麗に割ることができます。

レンガを積んでみよう!で詳しく写真説明されています。


・縁取り用資材
一般的にレンガといっても種類は豊富です。
花壇に積むためのレンガもあれば、花壇の縁取り専用となる円形のものや、
半円のものなどカーブした資材もたくさん売られています。

また、コンクリートや、丸太、自然の石などを使った縁取り資材も人気ですので、
お庭の雰囲気に合わせて検討してみてください。


↑「レンガワーク入門」分かりやすくお勧めです!

>>花壇用レンガを各種見てみる
 カテゴリ
 タグ

花壇作りのコツ

  •  投稿日:2016-05-27
  •  カテゴリ:花壇
kadan (4).jpg


花壇を作る際に1番重要だとされるのは、土作りです。
一般的に、水はけが良く、通気性の良い土が良いと言われていますが、
ある程度の保水性、保肥性があることも、重要なポイントとなります。

この記事では、花壇を作る前に知っておきたい土作りや、
花壇作りのポイントについて、ご紹介していきたいと思います。


■花壇の土作りのコツ

はじめに、土を良く耕しておくことが重要です。
その後、腐葉土・完熟堆肥などの有機物を入れて良くかき混ぜます。

pHの測定を行い、酸性土であるかどうかも調べておくと良いでしょう。
>>pH検定器はこちら

酸性の数値が高い場合は、石灰などを利用し、中和させてください。

この時、土の妨げになるような雑草や、ゴミ、大きな石などは取り除き、
花壇を作る場所を綺麗にしてあげることも、重要な作業の1つです。

>>さらに詳しくは、花壇の土作りをご覧下さい


■ポット苗を植え付けるコツ

市販のポット苗をいくつか利用する場合は、
株間や花が出揃った時の間隔を考え、
花壇に苗を置いてイメージするようにします。

密植させすぎるのは、風通しを悪くする原因になりますので、
ある程度の株間を取りながら、花壇作りをスタートさせます。


■花壇を美しく見せるコツ

草丈のバランスや、縦横の苗のバランスを考えると、
開花した時のバランスが良くなります。

また、植え付け時は奥から手前に、円形の花壇の場合は、
中央から外側に向けて植えるようにし、
何処から見ても同じように見えるよう調節を行います。


■花壇の管理

肥料、マルチングなどの資材、水やりに注意して管理を行います。
複数の草花を育てる時は特に、それぞれの管理に注意してください。

また、花壇にて病害虫が発生すると、とても厄介です。
できるだけ毎日の観察をしっかりと行い、早期発見・予防に努めてください。
花がら摘みや枯れた葉茎を取り去ることも、病害虫予防策の1つです。

>>ガーデニング資材を各種見てみる

 カテゴリ
 タグ


ガーデニング用品なら【アイリスプラザ】
カテゴリ
最近の記事

◎お勧めガーデニングショップ
BoraBora(ガーデニング×雑貨)
ナチュラルガーデンクラブ
・重いレンガ配達します!「お庭の玉手箱」
・全国に植木をお届け トオヤマグリーン
リンク集

livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加

seo great banner

  • reachWORD

にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
ブログランキング
ランキングはこちらをクリック!
@With 人気Webランキング
PVランキング
ブログランキング
BlogPeople「趣味の世界」ブログランキング
Blog Entry Ranking


検索ボックス