花壇のカテゴリ記事一覧

ガーデニング 雑貨、用品、DIYの通信販売とお役立ち情報を。



◎花苗デイリー・ランキングを見てみる

カテゴリ:花壇

花壇のカテゴリ記事一覧。ガーデニング 雑貨、用品、DIYの通信販売とお役立ち情報を。
春の花壇 クリセンサマム

2013-05-05 花壇
ビオラやパンジーとよく合いますクリセンサマム(ノースポール)は、キク科の植物です。パルドサムノースポールや、ムルチコーレなどが良く知られているクリセンサマムで…

記事を読む

春の花壇 チューリップ

2013-04-22 花壇
チューリップ、いろいろな品種があって楽しめます春の花壇の代表と言えば、やっぱりチューリップですね。その歴史は古く、人気の高い球根植物として知られています。チュ…

記事を読む

春の花壇 クリセンサマム

  •  投稿日:2013-05-05
  •  カテゴリ:花壇
kadan (2).jpg
ビオラやパンジーとよく合います


クリセンサマム(ノースポール)は、キク科の植物です。パルドサムノースポールや、
ムルチコーレなどが良く知られているクリセンサマムで、小さなお花が可愛らしいです。


どちらの場合も開花期が非常に長いので、
春〜夏にかけての長い期間、花壇を華やかにしてくれる植物です。
暖かい地域では、冬の花壇にも適した植物であることを覚えておきましょう。


kadan (4).jpg
狭い場所でも広がりが出ます


■クリセンサマム(ノースポール)の育て方ポイント

・開花期は3月〜6月頃 キク科の秋まき、1年草
・草丈は15センチ〜30センチほど、幅は20〜40センチほどです。
・種が販売されるのは、11月〜4月ほど
・花色は白のパルドサム、黄色のムルチコーレ 



白の花を咲かせるパルドサムは寒さに強い植物ですが、
黄色の花を咲かせるムルチコーレは寒さに弱い植物となるので、
寒さ対策は行いたいところです。

ただ、比較的クリセンサマムは丈夫な植物と言えますので、
育てるのは難しくはありません。

日光を好み、水はけの良い、有機質肥料に富んだ用土を好みます。
土の乾燥などには弱い植物ですので、灌水も適度に行いましょう。

元肥・追肥ともに行いますが、チッ素の値が多すぎてしまうと、
葉ばかりが育ってしまうことになるので、十分注意してください。


kadan (5).jpg
ムルチコーレ


◎品種
クリサンセマムはどちらも、非常に株張りの良い植物で、
小さいながらも、一面に花を咲かせます。
パルドサム、ムルチコーレのどちらかを一面に咲かせるのも綺麗ですが、
両方の品種を使って彩り良く植えるのもお勧めです。


kadan (1).jpg
パルドサム


◎クリセンサマムと相性の良い植物
パンジーやビオラ、ハボタン、アイビー、チューリップ、ムスカリなど、
比較的どんな草花とも合わせやすく、
主張しすぎないのが、クリサンセマムの特徴です。

特に、花壇でさまざまな草花を扱う場合、
どうしても色味などがバラバラになってしまいがちですが、
クリサンセマムをベースに使う感じでにすると、
上手くまとまりやすいです。

自然風花壇や、コンテナを使った寄せ植え、
ホワイトガーデンにも適しているので、ぜひ育ててみてください。

■参考
・クリセンサマムのわかりやすい育て方

>>本日の花苗ランキングはこちらです
 カテゴリ

春の花壇 チューリップ

  •  投稿日:2013-04-22
  •  カテゴリ:花壇
Tulipa (1).jpg
チューリップ、いろいろな品種があって楽しめます


春の花壇の代表と言えば、やっぱりチューリップですね。
その歴史は古く、人気の高い球根植物として知られています。

チューリップの開花期はそれほど長くありませんが、
さまざまな品種のチューリップが出ているので、上手に組み合わせると、
3月〜5月頃まで、約2ヶ月間花壇の主役として彩りを良くします。


Tulipa (2).jpg
プロの花壇作り、見事ですね


■チューリップの育て方ポイント

・開花期 3月〜5月頃 ユリ科の秋植え球根植物
・草丈は15センチ〜60センチほど、幅は20センチもあれば充分です
・球根が販売されるのは、夏〜秋ごろまで
・花色は非常に豊富です 


チューリップは1つの球根に対し、1つの花しか咲かせません。
そのため、まとめて植えるのも大変です。

花壇で植え付ける場合は、チューリップをアクセントとして、
パンジーなどの他の植物と合わせながら飾るのがお勧めです。

大きく充実した球根を利用すると、栽培管理はとても楽になりますので、
球根選びは慎重に行いたいところです。

日当たりが良いところ、水はけの良い場所を好むチューリップは、
用土を選ぶことなく、開花を見届けることができます。

◎チューリップ冬の管理
秋植えのチューリップの冬の管理ですが、冬場は土の乾燥を防ぐため、
水やりを適度に行います。肥料は開花まで特に不要となりますので、
開花までの管理も非常に楽な植物と言えます。


Tulipa (3).jpg
手前の原種系チューリップが効果的です


◎品種
品種が多いことでも知られるチューリップの品種の中には、
アンジェリケ、ハミルトン、クルシアナクリサンサ、マリリンなどの、
少し変わった品種もあります。

1つ1つの花のボリュームが大きいので、詰めながら植えると、
花壇にもボリュームが出て、豪華な雰囲気を楽しむことができます。

◎チューリップと相性の良い植物
球根植物では、ヒヤシンス、ムスカリ、クロッカスが相性が良いです
パンジー、ビオラ、アリッサム、
アイビーやシロタエギク、ヒューケラが合わせやすいです。


Tulipa (4).jpg
チューリップの色味を抑えて、アクセントに強い花色を入れると効果的です


また、コンテナなどを使って春咲きの他の品種と寄せ植えを楽しんだり、
他の植物との相性も良いので、好みのガーデニングを楽しむことができます。

■参考
・チューリップのわかりやすい育て方はこちらです

>>人気の季節の花苗はこちらです
 カテゴリ
 タグ


ガーデニング用品なら【アイリスプラザ】
カテゴリ
最近の記事

◎お勧めガーデニングショップ
BoraBora(ガーデニング×雑貨)
ナチュラルガーデンクラブ
・重いレンガ配達します!「お庭の玉手箱」
・全国に植木をお届け トオヤマグリーン
リンク集

livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加

seo great banner

  • reachWORD

にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
ブログランキング
ランキングはこちらをクリック!
@With 人気Webランキング
PVランキング
ブログランキング
BlogPeople「趣味の世界」ブログランキング
Blog Entry Ranking


検索ボックス